Follow Us
  • White Facebook Icon

ハナハウス HANA HOUSE

​〜0歳からの英語のある毎日〜

電話 03-6750-8677  (9:30am – 6:30pm)

info@hanahouse.jp

レンガ教室 杉並区松庵3-31-16-102

みなみ教室 杉並区西荻南2-7-6

JR西荻窪駅から徒歩5分(JR中央線 吉祥寺駅隣)
京王井の頭線三鷹台駅から徒歩20分

© 2023 by Mums Tums and babies. Proudly created with Wix.com

Kids * English Q&A

 この10年で、英語教室に通い始める年齢が一気に低年齢化し、子供だからと言ってそう簡単に言語が習得できる訳ではないことは、少しづつ認識されてきているように思います。ひと昔前までは​「幼い頃から英語を習えば、魔法みたいに子供は英語を覚えていく」と思われていた方も少なくないのではないでしょうか。

 発音などは幼児期の方が圧倒的にアドバンテージがありますが、それ以外の「理解」と言う意味では、まだintelligence levelが低い子供は大人よりもずっと時間がかかります。

 それでも就学前から始めるメリットはたくさんありますが、まずは前提として言語習得と言うのは、楽器の習得と同じだと言うことを覚えていていただきたいと思います。つまり、日々の練習こそ、楽しく自由に弾けるようになる鍵だということです。

​ 週に1度のレッスンだけでも、もちろん無意味な訳ではありません。そこでの学びも積み重ねれば大きな意味を持ちます。しかし、その程度の頻度では「楽しくなる」までには大変長い時間がかかります。

​ 問題は、長い時間がかかることではなく、その「わからない」「うまく弾けない」期間が長くことで挫折してしまうことです。週に1度でもせっかく積み上げてきたものが、やめてしまえば一瞬で消えてしまいます。そうならない為にも、1日でも早く子供たちが楽しく英語で活動することが楽しくなる為にも「日々英語を使う」ことをぜひご家庭で意識してみてください。

​ ハナハウスでは未就学児は親子でレッスンを受けます。それはクラスで使う英語にまずは親が慣れ、それをご家庭で使っていただきたいためです。

英語はピアノと同じ

This is a great place to tell people more about your business.

SHOWROOMS

​ ハナハウスは設立当初「日本語と英語で子供を育てたい」と言う願いを持つ家族の集まりでした。「英語を家庭に取り込む」と言うのは「英語を習う」こととは本質的に異なります。

 英語を家庭に取り込む為には、まずは親自身が英語に親しまなければなりません。ハナハウスでは親が子供達より率先して声をだし、それを聴きながら子供達は育つ。日本語と英語を両方使う親の姿を見て育つ子供は、日本語と英語の両方を使うことに抵抗がなくなります。徐々に言えることを、言える方で話し始めるようになって行きました。先に日本語がでることもあれば、英語が先にでることもある。そうして両方の言葉をその家庭のバランスで育てて行きました。

 それは「英語指導」ではなくバイリンガルの家庭が子供を育てるのと同じ「バイリンガル育児」でした。 (続く)

「家族で楽しむ」

が、ハナハウスの原点

工事中

Coming soon

工事中

Coming soon

This is a great place to tell people more about your business, and the services you offer. Want to make this content your own? It’s easy.

GALLERIES