top of page

代表からのご挨拶

”人工知能は言語の壁を取り払い、国を超えて人々は意思疎通ができるようになり、オンラインでいつでも、どこでも、誰とでもすぐに繋がることができるようになる。

そして、知りたい情報はすぐ瞬時に手に入れるようになる”

 

これは8年前、私たちが「10年後の未来」として描いていた世界です。

気がつくと、10年も経たず、その世界が現実のものとして目の前に広がっています。

 

これから一体世界はどうなっていくのだろう

日本はどうなっていくのだろう

親である私たちはどう子供を育てたら良いのだろう

 

世界は、見えない未来に対する不安で席巻されています。

 

そんな時代だからこそ、これまで私たちハナハウスが大切にしてきた「アナログによる教育」「英語による全人教育」が、今後更にその重要性を高めていくことだろう確信を新たにします。

言葉は本来、

 

 

理解したい相手がいるから、聞き取りたいと願い

伝えたいことがあるから、話したいと願い

繋がりたいと思う世界があるから、学習されていくものです。

 

「いい大学に入りたいから」

「いい職業に就きたいから」

そうしたスキルセットの充実だけを目的にした学習スタイルで得られる言葉の力は限定的です。

 

 

本当の意味で「英語が話せる」とはどういうことでしょう

本当の意味で「英語が理解できる」とはどういうことでしょう

 

 

日本がこれまでにないほどにスペック・オリエンテッド、スコア・オリエンテッドになる今だからこそ、私たちはその問いを、問い続けなければならないように思います。

 

 

目的達成のためのツールではなく、

「その人を表現する手段」としての英語を身につけるために私たちができることは1つです。

 

それは、意味ある文脈の中で、活動を通して英語に「触れ続ける」ということ。

だから私たちハナハウスは

小学生までの児童にはDramaやScience, Art,やDanceといった創造的活動を通して、

それ以降の中高学年の子どもに対しては「世界への問いと議論」を通して英語を育てています。

 

言葉とは、その意味を覚えれば使えるようになる程単純でインスタントなものではありません。

本来とても深く、繊細なものです。

繰り返し繰り返し、長い年月の中使い続ける中で、醸造されていくものです。

 

私たちはその深さをもって

子供たちと英語を向き合わせたいと願っています。

 

こどもたちがワクワクする瞬間を創り続けることで

「英語は勉強」ではなく、英語は「生活の一部」になる。

 

未知なる人と出会い

未知なる世界と出会い続けることが

こどもたちの本来の学びを実現すると私たちは信じています。

IMG_1225.JPG

代表 高橋裕子

早稲田大学政治経済学部を卒業後、

英国Birmingham大学大学院にて応用言語学を学び修士号を取得。TOEICテストにおけるコミュニケーション力測定の妥当性を検証する。その後早稲田大学大学院にて人間科学修士号を取得。こどもの母国語と英語の言語能力と問題行動の相関を分析することで、学習障害を引き起こす要因について検証し、英語学習を伸ばすためにあるべき支援について検証する。米国モンテッソーリ協会講師資格保持、現早稲田大学e-school教育コーチ、2児の母

はじまり

ハナハウスは2009年、6名の生徒と1名の講師でスタートしました。

一軒家のリビングを利用したとても小さな教室でした。


それから皆さまのご支援をいただきながら少しづつ歩みを進め、

現在は世界各国からの優秀な講師10名と、
それをささえる11名の運営スタッフと、250組を超えるご家族が集う教室となりました。
 

ハナハウスが何の教室かと聞かれると、
実はいつも一言で説明できず、困ります。


私たちは、

「こどもたちの日々の『暮らし』と『学び』の中に英語が自然と存在する、
そんな環境を創り、子供達に届けること。

そして、そんな暮らし方・学び方を通して、子供達の視野拡げ、
一言語だけでは得られなかった大いなる可能性を

子供達の未来に届けること。」


そんなことを目的にしている教室です。

ここに集うこどもたちはおそらく誰も、
「英語を習いに来ている」とは考えていないでしょう。

それよりもむしろ、
工作をしに、あるいはBalletやCookingをしにきている。

「今日は何をするのかな?」

子供達はワクワクしながらハナハウスにやってきます。

ここではそうしたさまざまな価値ある活動を通して
こどもたちとその家族が喜びのうちに集い、学び、遊び、
英語によるコミュニティを創っている。

それが、ハナハウスです。

こどもたちの暮らしの中に、こどもたちの学びの中に、英語が自然とある。

そんな社会を実現するために私たちは「英語指導」を第1目的にはせず
「幼児・児童教育」を第一義に置き、常に子供達の価値ある学びを実現するために
その手段としての英語教育を目指しています。

コミュニティの中の英語

「どこに行っても日本語」の日本で「英語とともに育つ、育てる」ということは
極めてチャレンジングなことです。

なぜなら、英語をいくら知識としていくら勉強しても
生活の中に根付かせることができなければ
それは単なる記号でしかないからです。

「自分の言葉」にはなりません。

英語が自分の言葉になるために一番大切なことは
英語を日常の一部にすることです。

しかしどこに行っても日本語で済ますことのできる日本で
どうやったら生活に英語を根付かせることができるというのでしょうか。

それは、人為的に造るしかありません。。
 

そうして創られたのがハナハウスです。
 

ここでは同じ黒髪でも日本語を話さない人がいて、
同じ日本人でも複数の言葉を話す人がいる。
 

中国語と日本語で育つこども、

日本語と英語で育つこども、

あるいは3つの言葉で育つこども。
 

全員日本人の家族なのに英語で会話する家族もいれば

ママは英語で話し、こどもは日本語で返す、そんな家族もいます。
 

ハナハウスはそうした「いろいろな人」がいるコミュニティを作ることで

それを「当たり前の風景」にすることを英語教育の最初の一歩だと考えています。

そんな環境を自然に楽しめる時期もあれば

自意識が芽生え、英語が思うように話せないことに苦しむ時期もあります。
 

ハナハウスはそうした変化する子供のステージ合わせて

「英語で学ぶクラス」「英語を学ぶ」を用意し
またそれぞれの中でも、こどもたちの個性・興味に合わせて活動を選べるよう
様々なクラスを用意しています。

どのクラスも体験レッスンを受け付けておりますので

ご興味を持っていただけましたら、ぜひ気軽に遊びにいらしていただけたら嬉しいです。

皆様との出会いを楽しみにお待ちしております。

bottom of page